【復活】帰ってきた!私の道具シリーズ

こんにちはTakaseです。

 

さぁさぁ帰ってきました。

私の道具シリーズ。

 

今回は渋い道具をひとつ紹介いたします。

こちらです。

植木鏝といいます。

 

むかーしの(江戸時代とかもっと前の)植木屋さんが使っていた。

移植ゴテです。

 

先がするどく切れがあります。

土ささりも良いのです。

 

これで草花なども気持ちよく植えられます。

なんてたって昔から使われている道具というところがいいですよね。

 

グリーングラスでは消毒も樹木1本から承っております。

お気軽にお電話ください。

お待ちしております!

 

弊社のガーデンメンテナンスは、

お客様のご希望に合わせて事前のお打合せを行います。

 

どうしたらいいかわからないことやアドバイスして欲しいことなど

 

いろいろなご要望にお応えできるよう無料で御見積をお出ししております。

どうぞお気軽にご連絡下さい。

 

 

Takase

2017.10.26 Thursday | 16:26 | comments(0) | - | 道具 | 

こだわりの道具たち

こんにちはTakaseです。

 

天気が続いており、空気が乾燥していますね。

体調管理お気を付けください。

 

さて、今日は私Takaseが愛用している、こだわりの道具たちをご覧に入れましょう。

 

 

こちら私の仕事靴のビーンブーツです。

これがお庭では履きやすい!

雨の日でも関係なく履くことができます。

かっこいいし。

L.L.beanのマークが見えますね。

後ろの持ち手もあるので履きやすいのです。

 

これは本当に一生履けます。最高の相棒のひとりです。

ソールもそろそろ交換しないと・・・。

 

 

移植ゴテ

こちらMY移植ゴテです。

プロ用なんて銘打ってありますが笑

普通の移植ゴテよりも重いのでザクザク土に入ります。

幅が広いのと細いのを持っています。

使う場所が狭かったりするときは使い分けします。

見えづらいですが、金象の刻印が見えますか。

金象はスコップで有名なメーカーで職人さんはみんな愛用しています。

これも一生使えますね。

 

 

こうがい板

こちら、こうがい板という造園道具です。

主に地面、土や砂利をならす道具なのです。

適当な木の板を加工してつくるのですが、私はその木にこだわりました。

ウリンというアイアンウッドともいわれる、重い超硬木で作りました。

なので、どんな土にも負けません。ならせます。

切り出しナイフのように側面をななめに切ります。

そうすると土を鋭く切るようにならせるのです。

こいつも一生ものです。

 

 

いかがでしたか、道具もこだわることで愛着がわき、大切に長く使うことができます。

続編、こだわりの道具たち2、こうご期待ください!

 

Takase

2017.02.05 Sunday | 13:56 | comments(0) | - | 道具 | 
 | 1 / 1 PAGES |